フィットの新車の購入で、
愛車は下取りのつもりでしたが、
簡単だから試した一括無料査定が予想外の..v(^o^)

フィットの値引き 簡単にあと10万円をめざす

フィットの値引きのことで頭がいっぱいで、実はすごく重要なことを見落としてる人が多いんです。

もしかしたらあと10万円分の見落としがあるかも。

この見落としに気がつけば、フィットの購入で、簡単にまだまだ節約できるかもしれません。

それは愛車の下取り。

「この下取り額が限界です」という言葉に説得されかけてませんか? あなたの愛車は本当はもっと高いかもしれません。

お店の言い値を信じるしかなかった昔と違い、今は複数の中古車買取店の査定が簡単・無料で比較できます。

たった3分の簡単入力で、あなたの愛車の査定を、ガリバーなどの複数の中古車買取店が競います。

あなたは1番を選ぶだけ。 初めての人にも、忙しい人にも、簡単で高いと喜ばれてます。 この方法、既に200万人が利用した、愛車を手放すときの新常識です。

下取り前にあなたの愛車の本当の価値をチェックしましょう。 愛車の下取りが、実はフィット購入でもっとも簡単にできる節約術です。

ディーラーの下取りにこだわることはありません。 愛車をできるだけ高く売ることと、フィットの値引きを最大限にすることは分けて考えるのが基本です。

日本最大の車買取・車査定ネット【カービュー】なら、比較できる買取店もいろいろ。 つまり高年式車・低走行車はもちろん、事故車・水没車・不動車・低年式車・多走行車・ドレスアップ車なども無料査定OKで、さらに予想外の査定額に喜ぶ人も少なくないです。 高級車・輸入車も専門店が選べます。

この方法に気づかずに、愛車を手放した人が本気で悔しがってます。


carview
↑ クリック! ↑
お試し!愛車の査定比較 /たった3分の簡単入力でOK/ 200万人の常識


フィットの値引きのコツは比較

フィット購入で、値引き交渉のコツは見積比較です。 プロ相手の交渉で、お客さんの持つ武器は「購入決定のタイミング」と「価格の比較」です。 見積もただ比較するだけでなく、できるだけ競ってもらうようにしたいです。

系列ディーラー同士のため、新車フィットの比較がいまいち盛り上がらないときは、 フィットの新車と新古車(中古車)を比較したり、あるいはトヨタ・ヴィッツなどライバル車との比較でもいいかもしれません。

値引き対象は、まずは車体価格。 そして次は、経費の値引き。 最後にオマケの交渉も忘れずに。

価格や条件に納得できないときや、まだまだ相手に余裕があるときは、「購入決定」のタイミングではないです。 引き伸ばすことで思わぬ値引きがついてくることもあります。

可能な限り時間を使うことで、値引き交渉も有利に持っていけるでしょう。

交渉しているうちに、自分のニーズも整理されて、もしかしたら「新古車や中古車でもいいかなぁ」と思えるようになるかもしれません。

車体価格が節約できる新古車なら、残りの予算でグレードアップやオプションの充実もはかれますからね。

中古のフィット探しはすごく簡単

フィットの中古車や新古車探しで苦労してる場合ではありません。

忙しくても簡単に希望のフィットを見つける方法があります。

昔なら意中のフィットを探して、何日も何軒も何回も販売店を回ることも当たり前でしたが、今ではそんな労力は不要です。 ずっと簡単に、ずっと効果的に欲しいフィットが見つかるからです。

どうして? 答えは簡単。 たった3分程度の簡単入力で、あなたの希望のクルマを、数千台規模の中古車の中から、無料で探してもらえます。

あのガリバーが提供するサービスなので実績もあり安心です。

利用方法はシンプルです。 例えば、車種や年式、予算などといった自分の希望を入力するだけ。 あとはガリバーが全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。





Line

自動車買取り/下取り/廃車のプチ情報

飲酒運転の厳罰化
飲酒運転によるひどい交通事故が多発したことを受け、道路交通法も規制を強化していってます。2007年の法改正が大きいですね。厳罰化だけではなく、たとえば直接運転しなくても運転することを知っていて飲ませた人にも法律が及ぶことにも注意が必要です。あと飲酒運転の場合、保険が使えないケースもあるので、絶対やってはいけないものです。

オーバー・アンダーステア
一定のハンドル角で大きく旋回するときのステアリング特性のことで、後部が外側に振られて旋回が小さくなるのをオーバーステアといいます。逆に前部が外側に振られて旋回が大きくなるのをアンダーステアといいます。どちらでもないのがニュートラルステアリングといいます。

内輪差
車を前に進めているときに曲がるためにハンドルを切ると、前輪よりも後輪のほうが内側に深く入ってきます。この差を内輪差と言いますが、曲がる側に十分な余裕を持体内と、前輪通過後の車体や後輪がぶつかるということがあります。内輪差は車によっても違うので、よく理解して運転することが大事です。

ハイビームが基本
ヘッドライトは本来ハイビームが基本なんだそうです。でも対向車があったり、前方に車がいる場合には、相手の迷惑を考えて下向きにします。そしてその頻度が高いせいか下向きが当たり前の感覚になりがちです。理由がなければハイビームにすること夜の運転の基本です。

ハイドロプレーニング
雨天時の走行で気を付けないといけない現象です。高速で水溜りに入った時に、タイヤがグリップを失う現象です。走行時ふわっとした感覚とともにハンドルのコントロールができなくなります。あわてず、グリップを取り戻すまでハンドルを切らないように冷静に対処することが大事です。

タイミングベルト
タイミングベルトはエンジンの重要な部品。もし切れるとエンジンがストップします。エンジンが止まるだけじゃなく、致命的な故障になる場合も。普通はタイミングベルトの寿命と言われる10万キロになる前に車検の際に交換される部品です。切れると厄介なベルトだけに、最初からチェーンになっているクルマもあります。

アルミホイール
ホイールにアルミニウムを多用することで重量が軽くなります。それによって「バネ下(サスペンションより下の車輪部分)」重量が軽減されて、軽快なハンドリングが行えるそうです。ただサスペンションとの関係で乗り心地が低下する可能性もあるんだとか。見た目はかっこいいですね。

車内環境とバッテリー
車内環境を追求していくと気になりだすのがバッテリーの容量ではないでしょうか。カーナビもオーディオもエアコンも空気清浄器も車内環境を突き詰めれば、電気需要は高まる傾向にあります。バッテリーのパワーアップは車内環境をよくするための基礎となる部分ですね。安心・安全な運転のためにもバッテリーのチェックは忘れられません。

ESC
横滑り防止装置のことです。自動車を旋回させる際に、姿勢を安定させるための装置のひとつです。アンダーステアやオーバーステアを防止するための装置です。メーカーによって違う呼び名があります。トヨタやレクサスはVDIM、 マツダ・BMW・ミニ・フォードなどはDSC、日産・スバル等はVDCなどのような感じです。

レシプロエンジン
自動車ではもっともオーソドックスな往復動機関とかピストンエンジンとか言われるエンジンです。タービンエンジンやロータリーエンジンと対比する形の呼び方ですね。添加方法やストローク数、気筒数やその配置、バルブやカムの種類・配置などにより多様な形態があります。

Copyright © 2007-2016 事故車も走行不能車も無料で気軽に買取査定 . All rights reserved